大淵裕昭は1996年7月4日生まれ

1996年7月4日生まれの大淵裕昭は、デビューの年齢がなんと13歳という若さでした。

元々、芸能人を目指していたわけではなく、地元福岡ではない熊本の花火大会でスカウトされたのがきっかけでデビューしたというのは有名な話です。
その際も、女の子と間違われてのスカウトだったという事実もあり、中性的なその顔立ちは女性からもイケメン俳優として人気のある俳優です。

彼の人気の理由はもう一つあります。
それは、細身ながら、しっかり鍛えられている体型。
事実、趣味に「空手」を挙げており、マッチョではないものの、身長170cmにして体重52kgというスタイルの良さが人気の背景にあるようです。

そんな彼は中学1年生で、例のスカウトを受け、最初のうちは東京と地元福岡を行き来する生活ではあったものの、翌年には事務所の寮に引っ越します。
中学2年生にして親と離れて暮らすという自立した経験を持っている彼は、2016年に高校生を卒業。
仕事に専念するために大学には進学しないと決め、現在は俳優業に専念されています。

テレビドラマや映画、CMといった幅広い分野で活躍している彼の代表作としては戦隊シリーズや
日ごろ目にする機会の多い医療用洗剤のCMが有名なところ。
そんな彼の人物像だが、共通して語られるのが「優しい」「人見知り」というその性格。
そもそも彼は3人兄弟の長男で、そのことからシッカリ者という見られ方をしています。
しかしながら、彼自身は自分の事を「気まぐれであり、マイペースだ」という意外な発言をしています。

男らしい性格でありながらも、優しさや決めの細やかな部分も持ち合わせているようです。

これまでの演じた役者としてのイメージから、つい「性格が悪い」と思われがちなようだが、
実はその真逆な性格であるという事実が分かると、一層女性の指示を集めたそうです。
事実、以下のようなブログやインタビューなどの発言を見ても平和的な彼の性格が分かります。

休日:寝る。
趣味:マンガ、本。
子供の頃の夢:幼稚園の先生

実家には愛犬がおり、それがキッカケなのか動物好きであるという一面もあるようです。

また、彼の血液型は、真面目で几帳面が多いと言われるA型であり、それを表すかのような発言もしばしばみられるようです。
つまりは、俳彼が優業に専念し、真剣に悪役やイメージの悪さを追及できているということこそ、性格の悪さが噂される元であり、
逆に言えば俳優業に対して非常に真面目な努力家であるという裏付けにも繋がると考えられる。

大淵裕昭の子供の頃の夢は医者

1991年6月3日生まれで、現在は舞台俳優として活躍している大淵裕昭さんですが、その経歴を探っていくと、
「もしかして色々と苦労してるのかな?」と思わせる話がチラホラ見受けられます。

とはいえ、彼は自分の考えは口にしても、自分の事についてはあまり口にはしないようで、インタビューや経歴について調べても、情報は少ない。

彼自身、東京都で生まれているが、子供の頃はどのような少年だったかという話がほとんど出てこないため、謎に包まれた人物のような印象を受ける。
しかしながら、彼が自分の事について話さないのは、元々の性格も手伝っているようだ。

現在、明確に分かっているのは以下のような情報のみである。

<子供の頃の夢は医者であった>

これは、インタビューでも彼自身が語っている事であるが、「お金が儲かる」というイメージ先行で、医者になりたかったと言っている。
ただし、実際はそのようにはならず、事の成り行きで芸能界に入ることになります。

しかし、それまでの経歴が苦労を感じさせるもの。
高校生の頃から、焼き肉屋でアルバイトをしていたというのは有名な話ですが、アルバイトをするようになった理由というのが、
高校卒業後、家庭の事情により大学に行くことができなくなってしまったため、大学の費用を自分自身で作ろうという事がきっかけだったようです。

<バイトの苦労が彼の俳優としての糧になっている?>

彼は、トークショーやインタビューとなると、アルバイト時代の事をしばしば話題にします。
大学に行くつもりで奨学金の手続きをしていたものの、家庭の事情からなのか急遽アルバイト生活になったとの事。
アルバイト先ではかなり仕事のできる人だったようですが、その仕事ができるという事が買われたのか、
アルバイトながらクレーム処理まで行っていたようです。

大人でも難しい事をこなしていたあたりは、若いうちの苦労は買ってでもしろと言わんばかりの経歴の持ち主であることが分かります。
こうした苦労の中で受けたエキストラとしてのオーディションで、役者としてスカウトを受け、そのままデビューすることとなります。

<俳優としての彼の努力>

彼について調べているうちに分かったことは、彼は、人知れず反省や努力を地道に積んでいくという性格の持ち主で、
舞台や稽古の度に反省をしては、「次はこうしよう」という努力を重ねているようだ。

とあるプロデューサーの話にでさえ「彼はこの一年の間に何があったのだろう。
前回出演した舞台と比べるとランクもレベルも違う」という彼への印象を口にさせるほどである。

彼の苦労とは、人から見たら苦労なのかもしれないが、彼自身がそれを苦労とは思っていないのではないかと思わせる姿勢は周りからも
評価を得ているようである。

大淵裕昭の性格「基本は真面目」

B型である彼は、ファンや芸能マニアからは「猫っぽい性格」「人柄が良く、楽しい。」という事で有名です。
実際に、自身のブログでもそのように語っており、「犬っぽい顔だけど、性格は猫だと言われる」とのこと。
念のため、1991年6月3日B型ということで、彼の性格を性格診断に当ててみると、共通して出てくる結果が以下となる。

・基本は真面目である。
・周りからクールに見られる。
・束縛が嫌いな自立型。
・人情に厚く、時に甘えん坊。

確かに猫っぽいとも言えるし、B型の特徴的な性格が共通点として挙げられる。
では、実際のっ彼の性格はどのようなものか。
大淵裕昭と共演した人々の話やインタービューを見ていくと、そこにも彼の性格が如実に表れる発言を見る事が出来ました。

まず、とある舞台のインタビュー記事では、彼と共演した俳優は彼をこのように語っている。

「人の輪には入らず、厳しい事を言うため、近寄りがたかった。」
「ただし、努力を惜しない姿勢は尊敬している。」

また更に、別の舞台で共演した他の共演者については、彼をこのように語っています。

「ドS。」
「頑張り屋。」

やはり、クールな性格だと思われているのは間違いないようで、加えて真面目な努力家であるというところは、彼の性格のベースとなっているようだ。

そんな性格の彼の特徴はやはり、色白で細い体つきと、中性的な顔つきにキリッとした眉毛。
彼の体型をもう少し詳しく調べてみると、身長177㎝という高身長にも関わらず体重が58kgと、
細身である事を裏付けする数字が彼の特徴の一つである。

さて、彼はどんな日常生活を送っているのかも気になるところですが、「友達が少ない」と彼自身が言っており、基本的には自宅でゴロゴロしたり、
ゲームをしていることが多いようで、芝居が決まっている時については稽古場と自宅の往復をしているだけになるのだそうです。
これは、努力家ならではとも言えますが、人付き合いが悪いわけではなく、やはり自立した性格柄から一人でいる事が比較的多いということだけのようです。

色白で背の高い、猫っぽい性格の中性的なイケメン俳優と言ってしまえば、何となく温かみも感じられず、
イメージに乏しくなってしまうが、彼という存在を詳しく見ていくと、平和的で明るい優れたパーソナリティの持ち主であることが分かってくる。
単なるイケメン俳優という事ではなく、いつも一人で黙々と努力する彼の姿もまた、女性から人気を集める理由ではないか。

大淵裕昭はオーディションに合格した!

大淵裕昭さんが芸能界にデビューしたきっかけはスカウトだそうです。事務所のスタッフが声をかけたそうです。
その後、オーディションに合格し、舞台に出演したことが本格的な芸能活動の始まりでした。

しかし子どもの頃から芸能界を目指していたわけではなかったといいます。小学生の頃の卒業文集に書いた将来の夢はお医者さん。
かわいいですね。

しかしその後、高校を卒業して大学に進学するつもりだったそうですが、奨学金などの手続きがすべて終了することになって事情から
大学の進学を断念することになってしまいました。突然、将来の進路が絶たれてしまい、
それでも最初は1年後の大学進学に向けて学費を貯めるためアルバイトを増やしたそうです。

ちなみに、その頃やっていたアルバイトは焼き肉屋のホールスタッフ。
その前からお兄さんが同じ焼き肉店の系列でアルバイトしていたころからそのお店を選んだそうです。
働き始めたところスタッフからもお客さんからもとても評判がよく、2年後には沿線内の系列店の中から、
もっとも優秀なホールスタッフとして選ばれたこともあるのだとか!最終的には社員並みにクレーム対応も任されていたのだといいます。

バイト時代の思い出はいろいろとあるようですが、実は一度アルバイトをやめそうになったこともあるのだとか。
その理由は、アルバイトを始めたときからずっとお世話になっていた店長さんが別の店舗に異動したこと。

そのためアルバイトをやめようとも思ったそうですが、しかしその店長がわざわざ連絡をくれて自分の店舗に呼んでもらい、
またアルバイトを続けることになったといいます。高校生だったため、店長やホールリーダーといった正社員への道へは進みませんでしたが、
もしかしたらそのまま焼き肉屋のイケメン店員として人気になっていたかもしれません。

そしてその焼き肉屋でアルバイトを続けながらですが、大学進学の学費を稼ぐため、
かけもちとして選んだアルバイト先がドラマや映画などのエキストラ。確かにエキストラなら時間の自由も聞く上にルックスも生かせます。

そうして事務所にエキストラ登録に行ったとき、事務所のスタッフが声をかけてきたそうです。
その結果、事務所に席を置くことになりました。まるでシンデレラ―ストーリーのようですね!
その結果、ドラマの高校生役を経て、ミュージカルに出演。

現在、ミュージカルにひっぱりだこになっています。今後の活躍が期待できる若手としてぜひ注目していきたいですね!
多くの経験を得て、それらを自身のものとしている事が成長のきっかけなのでしょう。

大淵裕昭の鮮烈なドラマレビュー

2010年の鮮烈なドラマレビュー以来、舞台、ミュージカル、ドラマ、
映画で大活躍中で高い人気と熱い注目を集める俳優の大淵裕昭さんは1991年6月3日生まれ、東京都出身の26才です。ちなみに干支は未年です。
やさしそうで色白、端正なルックスで羊らしい愛らしさがあると思う人はきっと多いのではないでしょうか。
そして6月3日生まれなので星座は双子座となります。

頭の回転がはやく明るく社交的でフレンドリーというのが双子座の人の長所として有名ですが、大淵裕昭さんは幼い頃からかしこく、
そして明るく誰とでも友達になれる愛されキャラだったそうです。

こどもの頃に抱いていた将来の夢はなんと「歯医者さん」でした。

歯医者さんを目指すということはやはり成績がそれなりによくないと、なかなか公言できることではありません。
卒業文集に書いたそうなので成績はもちろんそれなりによく、そして目標意識が高かったこどもだったということです。
こどものころは俳優という職業(こどもだから俳優という言葉ではなくスター、タレントという認識だったでしょうが…)には
まったく興味がなかったそうです。

テレビを観るよりも友達と外で元気に遊んだり、ひとりで好きなことや趣味に没頭したりすることが楽しくて仕方なく、
俳優という職業にはあまり興味がなかったのかもしれませんね。
これはあまり知られていないレアな情報ですが、絵がとても上手でイラストを描くのが趣味だったりもします。
端正なルックスでスタイルも身長177cm、体重58kgと抜群、そのうえ演技もできてイラストも描けるとくれば幼い頃からモテモテだったことは
簡単に想像がつきます。

そして今も昔も「ルックスは犬っぽいけど猫っぽい性格」と指摘されることがとても多いのだとか。
ちょっと気まぐれだったり、ツンデレなところもまたかわいらしく家族はもちろん近所の人や学校の友人、
先生などまわりの人に愛されるキャラだったからこそ、デビューして人気にいっきに火が付ついて女性ファンも急増し、
今や多くの作品にひっぱりだこだと断言できます。

ちなみに大淵裕昭さんは学生時代に飲食店でアルバイトをしていて優秀バイトとして表彰された経験もあるほどです。
そもそもアルバイトを始めたきっかけが「欲しいものを買うため」だったそうなので、自立心が旺盛でしっかりしたこどもだったということがわかります。
中性的で細身なので女の子と間違えることも多々あったはずですが、中身は男らしく欲しいものは自分の手で手に入れるというたくましさはこどもの頃から変わらず、
これからもどんどん魅力を増すこと必至なので目が離せません。

大淵裕昭は若手俳優

大淵裕昭さんは、いま大淵裕昭の中でも注目度がずばぬけて高く、これからますます幅広く活躍し個性派、
演技派の名を欲しいがままにすること間違いなしといわれている注目株のひとりです。

出身が東京都なので標準語で言葉づかいがきれいで都会的なセンスなのも男女問わず人気の理由ですが、やはり舞台、
ドラマ、映画での際立つ存在感とスリムで中性的ながら芯のある強さと王子様のようなやさしい笑顔が10代~40代、50代と幅広い女性のハートを
がっちり掴んで離さない最大の魅力といえます。

ちなみにデビューのきっかけはたまたまスカウトを受け「オーディションがあるんだけど受けてみない?」と誘われてOKしたことです。
もしスカウトを受けていなかったら、または断っていたら今の活躍はなかったと思うと、改めて大淵裕昭さんの魅力の濃さと運のよさに
感心するというものです。

舞台のオーディションだったため合格し舞台デビューを果たすのですが、身長が177cmと高く小顔で舞台映えすることと、
クールな表情や声のトーンのなかに青い炎のような触れた人にしかわからない熱さを感じさせる迫真の演技で一躍注目を浴び、
そこからの活躍ぶりはひとつひとつを挙げるまでもなく目覚ましいものでミュージカルにも進出したりドラマや映画でも好演をみせるなど
注目と人気は高まり続ける一方です。ちなみに特技は社交ダンスとイラスト。

まさに静と動といった趣味ですが、舞台上でのしなやかな動きやドラマや映画で見せる表現力の高さはまさにダンスで培ったものといえますし、
イラストが得意ということは観察力と再現力があるということなので、それもまた演技に反映されていることでこれからますます演技と
表現に磨きがかかり出演作が多くなることに期待大です。

出演作に恵まれ、雑誌やメディアでの露出も多く超多忙を極める大淵裕昭さんですが、
貴重な休日はゆっくり寝て心身を休めたり、気のおける友人と過ごしてリフレッシュする時間を大切にし続けているそうです。

まだ26才と若く、どんどん変化をしていい意味で裏切ってくれたり、意外な一面を魅せてくれること間違いなしですし将来性もあるので1作品、
1作品見逃せません。
評論家や雑誌、メディアのライターからの評価が高いことも有名です。
毎年数多く輩出され、年齢を重ねるとともに活躍の幅が狭くなったり消えていくことも多い芸能界のなかで確実に生き残り、
実力派俳優の未来が約束されている稀有な俳優のひとりですから目が離せません。