大淵裕昭の鮮烈なドラマレビュー

2010年の鮮烈なドラマレビュー以来、舞台、ミュージカル、ドラマ、
映画で大活躍中で高い人気と熱い注目を集める俳優の大淵裕昭さんは1991年6月3日生まれ、東京都出身の26才です。ちなみに干支は未年です。
やさしそうで色白、端正なルックスで羊らしい愛らしさがあると思う人はきっと多いのではないでしょうか。
そして6月3日生まれなので星座は双子座となります。

頭の回転がはやく明るく社交的でフレンドリーというのが双子座の人の長所として有名ですが、大淵裕昭さんは幼い頃からかしこく、
そして明るく誰とでも友達になれる愛されキャラだったそうです。

こどもの頃に抱いていた将来の夢はなんと「歯医者さん」でした。

歯医者さんを目指すということはやはり成績がそれなりによくないと、なかなか公言できることではありません。
卒業文集に書いたそうなので成績はもちろんそれなりによく、そして目標意識が高かったこどもだったということです。
こどものころは俳優という職業(こどもだから俳優という言葉ではなくスター、タレントという認識だったでしょうが…)には
まったく興味がなかったそうです。

テレビを観るよりも友達と外で元気に遊んだり、ひとりで好きなことや趣味に没頭したりすることが楽しくて仕方なく、
俳優という職業にはあまり興味がなかったのかもしれませんね。
これはあまり知られていないレアな情報ですが、絵がとても上手でイラストを描くのが趣味だったりもします。
端正なルックスでスタイルも身長177cm、体重58kgと抜群、そのうえ演技もできてイラストも描けるとくれば幼い頃からモテモテだったことは
簡単に想像がつきます。

そして今も昔も「ルックスは犬っぽいけど猫っぽい性格」と指摘されることがとても多いのだとか。
ちょっと気まぐれだったり、ツンデレなところもまたかわいらしく家族はもちろん近所の人や学校の友人、
先生などまわりの人に愛されるキャラだったからこそ、デビューして人気にいっきに火が付ついて女性ファンも急増し、
今や多くの作品にひっぱりだこだと断言できます。

ちなみに大淵裕昭さんは学生時代に飲食店でアルバイトをしていて優秀バイトとして表彰された経験もあるほどです。
そもそもアルバイトを始めたきっかけが「欲しいものを買うため」だったそうなので、自立心が旺盛でしっかりしたこどもだったということがわかります。
中性的で細身なので女の子と間違えることも多々あったはずですが、中身は男らしく欲しいものは自分の手で手に入れるというたくましさはこどもの頃から変わらず、
これからもどんどん魅力を増すこと必至なので目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です