大淵裕昭は若手俳優

大淵裕昭さんは、いま大淵裕昭の中でも注目度がずばぬけて高く、これからますます幅広く活躍し個性派、
演技派の名を欲しいがままにすること間違いなしといわれている注目株のひとりです。

出身が東京都なので標準語で言葉づかいがきれいで都会的なセンスなのも男女問わず人気の理由ですが、やはり舞台、
ドラマ、映画での際立つ存在感とスリムで中性的ながら芯のある強さと王子様のようなやさしい笑顔が10代~40代、50代と幅広い女性のハートを
がっちり掴んで離さない最大の魅力といえます。

ちなみにデビューのきっかけはたまたまスカウトを受け「オーディションがあるんだけど受けてみない?」と誘われてOKしたことです。
もしスカウトを受けていなかったら、または断っていたら今の活躍はなかったと思うと、改めて大淵裕昭さんの魅力の濃さと運のよさに
感心するというものです。

舞台のオーディションだったため合格し舞台デビューを果たすのですが、身長が177cmと高く小顔で舞台映えすることと、
クールな表情や声のトーンのなかに青い炎のような触れた人にしかわからない熱さを感じさせる迫真の演技で一躍注目を浴び、
そこからの活躍ぶりはひとつひとつを挙げるまでもなく目覚ましいものでミュージカルにも進出したりドラマや映画でも好演をみせるなど
注目と人気は高まり続ける一方です。ちなみに特技は社交ダンスとイラスト。

まさに静と動といった趣味ですが、舞台上でのしなやかな動きやドラマや映画で見せる表現力の高さはまさにダンスで培ったものといえますし、
イラストが得意ということは観察力と再現力があるということなので、それもまた演技に反映されていることでこれからますます演技と
表現に磨きがかかり出演作が多くなることに期待大です。

出演作に恵まれ、雑誌やメディアでの露出も多く超多忙を極める大淵裕昭さんですが、
貴重な休日はゆっくり寝て心身を休めたり、気のおける友人と過ごしてリフレッシュする時間を大切にし続けているそうです。

まだ26才と若く、どんどん変化をしていい意味で裏切ってくれたり、意外な一面を魅せてくれること間違いなしですし将来性もあるので1作品、
1作品見逃せません。
評論家や雑誌、メディアのライターからの評価が高いことも有名です。
毎年数多く輩出され、年齢を重ねるとともに活躍の幅が狭くなったり消えていくことも多い芸能界のなかで確実に生き残り、
実力派俳優の未来が約束されている稀有な俳優のひとりですから目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です