大淵裕昭が俳優を目指したキッカケは?

あらゆる才能の開花はふとした切っ掛けによる物が多くそれが人生の転機となるケースになる事もあります。
俳優の大淵裕昭の才能もまだまだ成長している過程ではありますが、ふとしたことがキッカケになり俳優として活躍するようになりました。
大淵裕昭は最初から俳優を目指していたわけではなく、元は高校卒業後製菓関係の専門学校に通いそこで専門免許を取得しゆくゆくはプロのパティシエとして活躍する予定でした。
しかし自分の出身である滋賀県と東京でパティシエとして働いているうちに、友人からその愛想やルックスから芸能プロダクションのコンテストに応募してみてはとの提案を受けます。
この友人の一言は後に舞台やテレビ等のメディアで活躍する大淵裕昭の才能のキッカケとなり、彼を新たな才能の世界へと導くことになります。
コンテストでは入選こそしなかったものの、芸能活動に違った喜びを感じるようになり2009年11月に芸能プロダクションに所属して芸能活動を開始させる事になりました。
この頃はまだ芸能人としての実績もなかったため、パティシエの仕事と並行して芸能人としての仕事を行うようにしており熱心な芸能活動の甲斐あって2010年には歌手ユニットのプロジェクトに参加する事になります。
このプロジェクトではユニットのコンセプトが存在していたのですが、熱心に芸能活動を行っていた姿がプロデューサーの目に留まりコンセプトを無視してまでユニットに加入するという大抜擢を受けることになります。
この時から芸能人としての仕事も徐々に増えていき、2011年には人気アニメのミュージカルに出演し精力的に舞台の仕事を獲得していくようになりました。
しかし所属芸能プロダクションはここで終わる才能ではないとさらに売り込みをかけ、2012年2月に歌手ニットの中からソロデビューを果たすという偉業を成し遂げます。
ミュージカル等の舞台出演でボイストレーニングを行っていたため、その影響もありCDでは見事な声を披露し新たなファンを開拓していくようになりました。
これ以降も有名テレビドラマのシリーズ物に出演する等ファン層を的確に広げていき、俳優のキッカケとなった友人の一言を刻み付けるように料理のコミュニティーサイトに専用のページを開設しました。
お菓子作りという特技と出演舞台やメディアの種類の影響からお子さんからの人気が非常に高く、お子さんの親御さんからも絶大な支持を獲得しているのがこの大淵裕昭という俳優なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です