大淵裕昭の学生時代の様子は?どんな青春を過ごした?

華やかな世界で活躍する芸能人にも学生時代が存在し、青春の中で様々な経験を繰り返し現在の人気を獲得している人が数多く存在しています。
爽やかな小顔とモデルを思わすすらりとした長身が特徴的な芸能人の平方元基も例外ではなく、多感な青春期を過ごしている事で有名です。

幼少期の様子は人前に出る事が苦手で、皆で何かを発表する時になるとソロで演奏する等目立つ役に抜擢される事が多く練習の時間等に登園拒否をしたことさえあります。
しかしそんな恥ずかしがりやな平方元基ですが、段々と歌を歌う事に目覚めていき大学生時代にスカウトされる程の頭角を見せていきました。
この時期ではまだ映像などの仕事をしていたりしたため、活躍の場はありませんでしたが2011年にロミオとジュリエットでミュージカルデビューを果たし、芸能人としての可能性を一気に開花させる事になりました。

平方元基本人は最初物語の大役であるティボルト役が来るとは予想しておらず、自分の中でこれは無理なのではという様々な葛藤がありました。
事実何をしていいかわからなかったし台本もまだないという状態であったため、自分が何をすべきなのかなぜ呼ばれたのかも分からない状態でした。
しかし数日後マネージャーの方からのとりあえず何かするのという電話を貰い、自分に何ができるのかという考えに至る事になります。

この電話の存在は本人にとって大きな原動力になったらしく、舞台のために体作りをしなくてはという答えを自分の力で導きだしジムへの入会手続きを行う行動力を表しはじめました。
当の本人は今ではこの出来事を笑い話のように他の人に話していますが、平方元基は細かい切っ掛けやチャンスを青春時代に獲得し、それを見事自分の存在価値として昇華させた数少ない芸能人である事は言うまでもありません。
この体作りが功を奏したのか繊細なイメージが濃いディボルト約を見事を舞台で演じ切り、その後様々な話題作に出演する事になります。

特にエリザベート、シラノ、マイフェアレディ等は多くの人の記憶に残る作品となっており、本人にとって大きな自信に繋がった作品でもあるのです。
近年ではロミオとジュリエットの再演でベンヴォーリオ役に挑み、青春時代の頃に好きだった歌唱力を苦手だった人前で披露するというかつてない進化を見せた舞台になりました。
この様に平方元基は過去の自分の姿を今の自分の姿で塗り替え、様々な影響を受けて今舞台等で活躍しているのでファンの方だけでなく気になった方は出演作品をご覧になる事を強くお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です