大淵裕昭さんは東京都出身のアミューズに所属している俳優

大淵裕昭さんは東京都出身のアミューズに所属している俳優さんです。
生年月日は1994年2月1日で、現在は22歳ですが、もう間もなく23歳になります。
身長は171㎝と男性としてはちょうど平均的な身長で、血液型はB型です。

2009年に芸能界にオーディションで賞を受賞したことをきっかけにデビューしました。
有名になったのは2011年の9月4日から2012年の8月26日までに放送された戦隊モノに出演したことでしょう。

大淵裕昭さんはそこで主人公が演じていた役の敵・ライバル的な立場の役柄を演じていました。

戦隊モノは若手俳優・女優の登竜門ともいわれており、そこに出演した大淵裕昭さんは一気に知名度を上げることになります。
その後、ドラマ出演を経験し、今年には映画の役柄を演じることが決まっており、今とても注目度の高い若手俳優といえるでしょう。

主人公役ではありませんが、人間味の溢れるライバル役を見事に演じ、注目を集めました。

特技は県道、ダンス、ジャグリング、バスケットボールと非常に運動神経が高い人物であることが伺えます。
特に、剣道は現在も放送中の人気番組で2012年に開催された剣道部団体戦で、剣道2段の腕前を披露しています。

そこでは、初戦で2年連続で日本一になった女子高生を破り、2戦目でも実業団ではNo.1の実力を持っている女子社員を相手にして
勝利を飾っています。

それから2年後の8月9日にも対決をしましたが、そこでも勝利を飾っています。
彼の剣道の実力はかつては関東大会で優秀選手に選ばれた程で、小学校の1年生から9年間続けてきた賜物のようですね。

スポーツ万能な特徴はまさに「芸は身を助く」という言葉通り、役を演じる時の立ち回りや瞬発力に活かされているようです。
男4人兄弟でそんな経歴からか座右の銘は「点滴石を穿つ」であったり、実に男らしい考えの持ち主であるようにも思えますが、
趣味はギターの練習、音楽やマンガ鑑賞、喫茶店を巡るといったちょっとオシャレな現代っ子の面も見せていて、
そういったところも彼の魅力となっているのではないでしょうか?

ちなみに芸能人で特に仲が良いのは同じ事務所に所属している俳優の桜田通でお互いの公式ブログにもよく登場し合っています。
幅広く活躍できる立ち回りの良さが特徴だといえるでしょう。

桜田通さんも今期のドラマに出演していて、舞台でも出演しているので知っている人はそれなりに多いのではないでしょうか?
実力で活躍する正統派の俳優さんと言えそうです。自分自身の力で経験したことで注目をものにする英雄タイプの気質が伺えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です