大淵裕昭は1996年7月4日生まれ

1996年7月4日生まれの大淵裕昭は、デビューの年齢がなんと13歳という若さでした。

元々、芸能人を目指していたわけではなく、地元福岡ではない熊本の花火大会でスカウトされたのがきっかけでデビューしたというのは有名な話です。
その際も、女の子と間違われてのスカウトだったという事実もあり、中性的なその顔立ちは女性からもイケメン俳優として人気のある俳優です。

彼の人気の理由はもう一つあります。
それは、細身ながら、しっかり鍛えられている体型。
事実、趣味に「空手」を挙げており、マッチョではないものの、身長170cmにして体重52kgというスタイルの良さが人気の背景にあるようです。

そんな彼は中学1年生で、例のスカウトを受け、最初のうちは東京と地元福岡を行き来する生活ではあったものの、翌年には事務所の寮に引っ越します。
中学2年生にして親と離れて暮らすという自立した経験を持っている彼は、2016年に高校生を卒業。
仕事に専念するために大学には進学しないと決め、現在は俳優業に専念されています。

テレビドラマや映画、CMといった幅広い分野で活躍している彼の代表作としては戦隊シリーズや
日ごろ目にする機会の多い医療用洗剤のCMが有名なところ。
そんな彼の人物像だが、共通して語られるのが「優しい」「人見知り」というその性格。
そもそも彼は3人兄弟の長男で、そのことからシッカリ者という見られ方をしています。
しかしながら、彼自身は自分の事を「気まぐれであり、マイペースだ」という意外な発言をしています。

男らしい性格でありながらも、優しさや決めの細やかな部分も持ち合わせているようです。

これまでの演じた役者としてのイメージから、つい「性格が悪い」と思われがちなようだが、
実はその真逆な性格であるという事実が分かると、一層女性の指示を集めたそうです。
事実、以下のようなブログやインタビューなどの発言を見ても平和的な彼の性格が分かります。

休日:寝る。
趣味:マンガ、本。
子供の頃の夢:幼稚園の先生

実家には愛犬がおり、それがキッカケなのか動物好きであるという一面もあるようです。

また、彼の血液型は、真面目で几帳面が多いと言われるA型であり、それを表すかのような発言もしばしばみられるようです。
つまりは、俳彼が優業に専念し、真剣に悪役やイメージの悪さを追及できているということこそ、性格の悪さが噂される元であり、
逆に言えば俳優業に対して非常に真面目な努力家であるという裏付けにも繋がると考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です