大淵裕昭の子供の頃の夢は医者

1991年6月3日生まれで、現在は舞台俳優として活躍している大淵裕昭さんですが、その経歴を探っていくと、
「もしかして色々と苦労してるのかな?」と思わせる話がチラホラ見受けられます。

とはいえ、彼は自分の考えは口にしても、自分の事についてはあまり口にはしないようで、インタビューや経歴について調べても、情報は少ない。

彼自身、東京都で生まれているが、子供の頃はどのような少年だったかという話がほとんど出てこないため、謎に包まれた人物のような印象を受ける。
しかしながら、彼が自分の事について話さないのは、元々の性格も手伝っているようだ。

現在、明確に分かっているのは以下のような情報のみである。

<子供の頃の夢は医者であった>

これは、インタビューでも彼自身が語っている事であるが、「お金が儲かる」というイメージ先行で、医者になりたかったと言っている。
ただし、実際はそのようにはならず、事の成り行きで芸能界に入ることになります。

しかし、それまでの経歴が苦労を感じさせるもの。
高校生の頃から、焼き肉屋でアルバイトをしていたというのは有名な話ですが、アルバイトをするようになった理由というのが、
高校卒業後、家庭の事情により大学に行くことができなくなってしまったため、大学の費用を自分自身で作ろうという事がきっかけだったようです。

<バイトの苦労が彼の俳優としての糧になっている?>

彼は、トークショーやインタビューとなると、アルバイト時代の事をしばしば話題にします。
大学に行くつもりで奨学金の手続きをしていたものの、家庭の事情からなのか急遽アルバイト生活になったとの事。
アルバイト先ではかなり仕事のできる人だったようですが、その仕事ができるという事が買われたのか、
アルバイトながらクレーム処理まで行っていたようです。

大人でも難しい事をこなしていたあたりは、若いうちの苦労は買ってでもしろと言わんばかりの経歴の持ち主であることが分かります。
こうした苦労の中で受けたエキストラとしてのオーディションで、役者としてスカウトを受け、そのままデビューすることとなります。

<俳優としての彼の努力>

彼について調べているうちに分かったことは、彼は、人知れず反省や努力を地道に積んでいくという性格の持ち主で、
舞台や稽古の度に反省をしては、「次はこうしよう」という努力を重ねているようだ。

とあるプロデューサーの話にでさえ「彼はこの一年の間に何があったのだろう。
前回出演した舞台と比べるとランクもレベルも違う」という彼への印象を口にさせるほどである。

彼の苦労とは、人から見たら苦労なのかもしれないが、彼自身がそれを苦労とは思っていないのではないかと思わせる姿勢は周りからも
評価を得ているようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です