大淵裕昭の性格「基本は真面目」

B型である彼は、ファンや芸能マニアからは「猫っぽい性格」「人柄が良く、楽しい。」という事で有名です。
実際に、自身のブログでもそのように語っており、「犬っぽい顔だけど、性格は猫だと言われる」とのこと。
念のため、1991年6月3日B型ということで、彼の性格を性格診断に当ててみると、共通して出てくる結果が以下となる。

・基本は真面目である。
・周りからクールに見られる。
・束縛が嫌いな自立型。
・人情に厚く、時に甘えん坊。

確かに猫っぽいとも言えるし、B型の特徴的な性格が共通点として挙げられる。
では、実際のっ彼の性格はどのようなものか。
大淵裕昭と共演した人々の話やインタービューを見ていくと、そこにも彼の性格が如実に表れる発言を見る事が出来ました。

まず、とある舞台のインタビュー記事では、彼と共演した俳優は彼をこのように語っている。

「人の輪には入らず、厳しい事を言うため、近寄りがたかった。」
「ただし、努力を惜しない姿勢は尊敬している。」

また更に、別の舞台で共演した他の共演者については、彼をこのように語っています。

「ドS。」
「頑張り屋。」

やはり、クールな性格だと思われているのは間違いないようで、加えて真面目な努力家であるというところは、彼の性格のベースとなっているようだ。

そんな性格の彼の特徴はやはり、色白で細い体つきと、中性的な顔つきにキリッとした眉毛。
彼の体型をもう少し詳しく調べてみると、身長177㎝という高身長にも関わらず体重が58kgと、
細身である事を裏付けする数字が彼の特徴の一つである。

さて、彼はどんな日常生活を送っているのかも気になるところですが、「友達が少ない」と彼自身が言っており、基本的には自宅でゴロゴロしたり、
ゲームをしていることが多いようで、芝居が決まっている時については稽古場と自宅の往復をしているだけになるのだそうです。
これは、努力家ならではとも言えますが、人付き合いが悪いわけではなく、やはり自立した性格柄から一人でいる事が比較的多いということだけのようです。

色白で背の高い、猫っぽい性格の中性的なイケメン俳優と言ってしまえば、何となく温かみも感じられず、
イメージに乏しくなってしまうが、彼という存在を詳しく見ていくと、平和的で明るい優れたパーソナリティの持ち主であることが分かってくる。
単なるイケメン俳優という事ではなく、いつも一人で黙々と努力する彼の姿もまた、女性から人気を集める理由ではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です